search

法政大学通信教育部

経済学部 商業学科

現代の企業の課題は、経済のグローバル化・ソフト化とともに、商品の販売を主眼とする商学的視点から、組織としての企業の管理・経営を考える経営学的な視点へと移っています。
こうした変化に対応した視点で、会計やマーケティングといった商学の基礎を押さえつつ、既存の枠にとらわれない総合的・学際的な学問の修得により、実社会で通用する問題発見力、課題解決力の養成を目指します。

人材養成その他教育研究上の目的

企業のグローバル化・ソフト化の進展とともに、企業の課題が、商品の販売を主眼とする商業学的視点から、生産から販売までの管理・運営を考える経営学的な視点に移ってきた。
こうした時代に即応し、経営・会計関係の科目を中心としながら、広く経済学や法律学の科目も学べる機会を提供し、実社会で通用する問題発見力・課題解決力を養うことを教育目標とする。

卒業所要単位

  区分 卒業所要単位等
教養 一般教育科目
(人文分野8単位以上、
社会分野8単位以上、
自然分野8単位以上)
36単位 42単位
外国語科目
(1外国語で4単位
うちスクーリング2単位以上)
4単位
保健体育科目 2単位
專門 選択必修科目 20単位 82単位
選択科目
(卒業論文を含む)
 
合計 124単位(スクーリング30単位以上を含む)
PAGE TOP
close