search

法政大学通信教育部

法学部 法律学科

法学部は、1880 年設立のわが国最初の私立法律学校「東京法学社」以来の歴史をもつ法政大学最古の学部です。
大学通信教育課程の法学部としてもわが国で最も古く、発足当初から通学課程と同じクオリティの法学教育を実践してきました。
法律学の基幹となる六法を中心に、法解釈の中心となる基本的原理・知識を土台とした体系的・総合的な学習を通して「法的なものの考え方=リーガルマインド」を養っていきます。

人材養成その他教育研究上の目的

法の基本的原理の理解と基礎的知識の修得、さらに法的な問題点を発見・分析し、合理的な解決を選択し、これを論理的に構成して表現できる解決能力、すなわち「法的なものの考え方」を養うことを教育目標とする。

卒業所要単位

  区分 卒業所要単位等
教養 一般教育科目
(人文分野8単位以上、
社会分野8単位以上、
自然分野8単位以上)
36単位 42単位
外国語科目
(1外国語で4単位
うちスクーリング2単位以上)
4単位
保健体育科目 2単位
專門 選択必修科目
(科目構成単位を充たし8科目)
32単位 82単位
(履修科目「選択科目」欄(*)印
以外の専門教育科目でスクーリング
8単位以上を含む)
(卒業論文を選択しない
場合は86単位)
選択必修科目
(8科目32単位を超えた単位)
50単位
(卒業論文を選択しない
場合は54単位)
選択科目
(卒業論文含む)
合計 124単位(スクーリング30単位以上を含む)
(卒業論文を選択しない場合は128単位)
PAGE TOP
close