search

法政大学通信教育部

スクーリング学習

メディアスクーリング
(e-learning)

学習のペース配分も自由自在。
自宅で受講できます。

インターネットを利用し、ご自宅で学習するスクーリング。
ブロードバンドネットワークを利用してオンデマンド配信される授業をご自宅のパソコンで受講することができ、講義は開講期間中であれば、いつでも何回でも繰り返して受講可能です。
ただし、科目によっては章末の小テストに合格しないと次講へ進めなくなっています。
1講あたり90分15講で構成されており、学習を進めていく中で小テストを実施します(実施回数・時間は科目によって異なります)。
また、学習期間中に科目により1~2回程度のリポート提出が必須となっており、その後、試験を受けて合格すると単位が修得できます。
試験は近くの単位修得試験会場で実施します(リポート試験の科目もあります)。

入学年次・所属学科によってはメディアスクーリングだけで卒業に必要なスクーリング単位を修得することはできない場合があります。

開催時期 前期(4月上旬~7月下旬)/後期(10月上旬~1月下旬)
受講日数 開講期間中、いつでも何回でも繰り返して受講可能です
受講費用 1科目 20,000円
PC利用環境

メディアスクーリングを受講するにあたり、PCの環境として以下のものを推奨します。 デモ画面で動作できない場合の参考にしてください。

■注意事項

過去のメディアスクーリングの視聴において問題がなかった場合でも、各自のPCの設定によっては各種設定をしないと視聴できない場合があります。
メディアスクーリングテスト画面での視聴において問題がなかった場合でも、各自のPCの設定によっては各種設定をしないと視聴できない場合があります。
メディアスクーリングテスト動画の視聴の方法については、予備登録結果通知書に同封する「メディアスクーリングサンプル動画等の視聴について」でお知らせします。
受講に際してはブラウザ(Internet Explorer)とツールバー(google,yahoo など)のポップアップブロックの無効化等の設定をしてください。

(1)OS
種類 対応 備考
Windows XP × メーカーサポート終了
Vista × メーカーサポート終了
RT × 未対応
7
8 × メーカーサポート終了
8.1 デスクトップモードに限る
10 デスクトップモードに限る
Mac OS X v10.4 Tiger以前 × 未対応
OS X v10.5 Leopard 各自で動作確認を行ってください
OS X v10.6 Snow Leopard 各自で動作確認を行ってください
OS X v10.7 Lion 各自で動作確認を行ってください
OS X v10.8 Mountain Lion 各自で動作確認を行ってください
OS X v10.9 Mavericks 各自で動作確認を行ってください
OS X v10.10 Yosemite 各自で動作確認を行ってください
OS X v10.11 El Capitan 各自で動作確認を行ってください
OS Sierra v10.12 各自で動作確認を行ってください
◯:対応 △:推奨せず −:各自で動作確認が必要 ×:未対応
  • ※ 対応「×」は PC の設定状況によっては正常に視聴できない可能性がある為、動作保証の対象外です。
  • ※ Mac OS X v10.4 Tiger以前のバージョンは対応しておりません。それ以降のバージョンについては各自で動作確認を行ってください
  • ※ タブレット端末のMicrosoft Surface Proでの動作確認はユーザーご自身にて行ってください。
(2)ブラウザ

・Microsoft Windows Microsoft Internet Explorer 11

Internet Explorer 10以下はMicrosoftがサポートの対象から外したため、推奨しません。

Windows 8はInternet Explorer 11に対応していないため、Windows 8.1へのアップデートを推奨いたします。

Edge, Chrome, Safari, Firefox, Opera など Internet Explorer以外のブラウザについては各自で動作確認を行ってください。

(3)通信環境 光回線または ADSL 等による接続で 1Mbps 以上の通信速度を確保する

※ Wi-Fi ルーター等によるモバイル通信環境の場合、エリア・時間帯によって映像・音声が途切れる場合があります。また、データ通信制限に伴う通信速度の低速化に注意してください。

(4)ソフト ・Microsoft Office Word 2007以上
  中間リポートおよびリポート試験(ネット提出)のリポート作成に必要
・Microsoft Office Excel 2007以上
  中間リポートおよびリポート試験(ネット提出)のリポート作成に必要
  科目によって使用しない場合もあります
・Microsoft Office PowerPoint 2007以上
  スライド資料やその他配布された教材・資料の閲覧に必要
  →資料は極力 PDF 化していますが、PowerPoint での提供となる場合があります

※ Microsoft 以s外のベンダーのソフト(KingSoft 等)を利用された場合の問い合せには応じられない場合があります

(5)プラグイン Adobe Flash Player23 以上
Adobe Acrobat Reader15 以上
(6)画面解像度 XGA(1,024×768ドット)以上

※ 画面解像度が低いと画面が表示しきれない場合があります

(7)その他 プリンタは必ずしも必要ではありませんが資料を印刷する関係から用意されることをお勧めします
  • 上記動作環境は2017年2月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。
  • Microsoft やその他ソフトメーカーの仕様により、受講前に問題なくログイン・視聴が出来た場合でも受講後に状況が変わる場合がありますので、予めご了承ください。
  • 上記はあくまでも推奨する環境であり、これを充足していなくても利用可能な場合もあります。必ず事前に「メディアスクーリングテスト動画」で動作の確認をしてから受講料をお振り込みください。予備登録結果通知書に同封されるテスト用ID、パスワードを入力してテスト動画画面を正常に視聴できるか確認してください。また、ウィルス対策ソフト等がインストールされているパソコンを使用する場合、設定によって画面が表示されないことがあります。その際には各自で設定を確認してください。
    なお、受講にあたってはパソコンの知識がある程度必要となります。画面が動かない等のトラブル発生した場合、電話では対応しかねることもあります。各自で解決していただくことになります。それを踏まえたうえで申し込むようにしてください。
  • ソフトウェアメーカーや同等のメーカーの影響によりサービスの提供が変更となる場合があります。
    また、ソフトウェアメーカー等によるセキュリティ対策やその他サービスの改善・予期せぬ不具合等の為に、サービスを停止した上でメンテナンス等を実施する場合があります。出来るだけ事前にメンテナンススケジュールをお知らせした上でメンテナンス等の実施をしますので、予めご了承ください。また、メンテナンススケジュールは「Web学習サービス」等にて告知致します。
  • [参考]ブラウザでChrome を利用する場合
    受講中、小テスト(自動採点)を行う際にFlash を使用するため、初回閲覧時にFlash の実行を許可するかどうかを選択する必要があります。
    (2 回目以降はChrome に設定が保存され、選択画面は表示されません)
    また、Chrome の設定画面から、「常にFlash を許可する」、「Flash を実行するかどうかを毎回たずねる」、「許可したサイトのみFlash を実行する」、「Flash を許可しない」の4 種類の設定からFlashの表示許可について選択することも可能です。
PAGE TOP
close