search

法政大学通信教育部

お知らせInformation

ニュース

9月19日(月・祝)市ヶ谷キャンパス入学説明会にて、模擬「演習」を実施します!

9月19日(月・祝)に市ケ谷キャンパスで実施する入学説明会では、教員の講義形式である「模擬授業」とは異なり、スクーリングで行っている「演習」のように教員や参加者同士の意見交換や議論を行う形式の模擬「演習」を実施いたします。実際のスクーリングのように一つの学問分野・テーマを取り扱う方式とは異なりますが、通信課程でも開講しているゼミナール形式の授業を体験できる機会ですので、ぜひご参加ください。

申込方法は下記のとおりです。

※本プログラムの実施に伴い、「学習方法の説明」の実施時間帯に変更があります。ご了承ください。また学習方法の詳細については、併設の資料コーナーでも職員がご説明いたしますので、ぜひご利用ください。

【説明会詳細・他のプログラムについてはこちら】


 

模擬授業特別編「演習」体験

担当:藤澤利治教授(経済学部商業学科・通信教育部長)

 

1.概要

藤澤通教部長より、皆さんへ

日頃の学習の中で、教員や他の学生と直接接触する機会が少ない通信教育部生にとって「演習(ゼミナール)」という授業科目は、教員に学習テーマに関する疑問をぶつけることができ、また学生間で問題意識を高めることのできる、めったにないチャンスになります。

時間的な制約があり、また全学科を対象とするため実際の授業よりも広いテーマを扱いますが、入学後はぜひ「演習」を履修科目に加えて学習計画を組んでみてください。

これまで実施してきた「模擬授業」とは少し異なる新しい試みですが、ぜひ楽しんで参加してください!

 

2.テーマ

疑問への、学問的アプローチを考える

模擬演習を担当する藤澤教授は経済学部の所属ですが、どの学科を検討中の方でも参加可能です

今回は「演習(ゼミナール)体験」として、事前にご提出いただいたテーマからいくつかを取り上げ、学問的なアプローチ方法を説明します。これらに対する議論や意見交換を通じて問題意識を深め、入学後の学習意欲を高めてもらうことが目的です。よって、参加される方には提示されたテーマの「学習の仕方」に関する議論に参加していただきます。

時間の中で「演習」「特講」といった、年度初には詳細な内容を提示していない科目について、また卒業論文の執筆をお考えの方向けに、テーマの決め方・考え方についても触れたいと思います。

 

3.参加申込について

・メールによる事前申込を前提とします。 ・参加数は各回20名前後を想定しますが、参加者多数・少数の場合も、柔軟に対応いたします(参加者が少数の場合は、当日のご参加も承ります)。 ・以下の内容をメール本文に記載のうえ、9月18日(日)までにtsukyo_app@ml.hosei.ac.jp までお送りください。 ・メールタイトルは「9月19日入学説明会 模擬演習参加希望」とし、以下の内容をご記入ください。

1.お名前(ふりがな) (演習中に担当教員が発言を求める際、お名前でお呼びします)

2.入学を検討中の学部学科(複数可)

3.参加を希望する実施回(①12:15~12:45、②13:00~13:30)

 (①②両方の回に参加することも可。ただし参加者多数の場合は調整をお願いすることがあります)

4.自分の学習テーマ(あるいは現在考えている疑問、興味のあること、学びたいこと等)

・事前資料は特にありませんが、ご自身の筆記用具類はご用意ください。 ・当日開始前に、会場内にてアナウンスをいたします。時間に合わせてお集まりください。 ※説明会そのものには、お申し込みは不要です。 ※キャンセル・遅刻の場合は、同様にメールにてお送りください。 ※開始・終了は予定時間どおりに行います。ご了承ください。 ※その他のご質問も、tsukyo_app@ml.hosei.ac.jp にて承ります。

他のメニューを見る
  • 在学生対象 Web学習サービスはこちらから
  • 法政通信 重要なお知らせはこちらでチェック!
  • 学事予定表 事務取扱時間や年間行事はこちら
PAGE TOP
close