search

法政大学通信教育部

募集要項

科目等履修生(教職生)

科目等履修生(教職生)とは?

教員免許状の取得を目指すコース。
主に教員免許状の不足科目履修の方や、他教科免許状の取得希望の方を対象としています。

本学で取得できる免許状は【免許状の種類および教科】をご覧ください。

大学入学資格があっても本科生に在籍しないで、各自の入学目的によって開講科目を選択して履修する方を総称して「科目等履修生」と呼びます。

そのうち、「教員免許状の取得を目的として入学する者」を教職生とします。

受講条件

本学で教職生として受入れるのは、大学または短期大学卒業者で次の目的で教職課程の科目を修得する場合です。 免許状の課程認定が学部・学科でなされてい るため、便宜的に 1つの学部・学科を選択することになります。

1. 不足科目修得希望者
大学または短期大学卒業者で、前学での未修得科目(教育実習(中学希望者は介護等の体験を含む)は修了していること)の修得希望者(根拠規定:免許法第5条別表第1)
ただし、本学学部卒業者(通学課程含む)は、教育実習、介護等体験を修了していない場合でも受入れ可。
2. 他教科免許状取得希望者
中学・高校の教員免許状所有者で、他教科の免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第4)
3. 上級免許状取得希望者
現職教員で、上級免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第3)
4. 実習教諭免許状取得希望者
現職の実習助手で、実習教諭(高校)免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第3)
5. 隣接校種免許状取得希望者
3年の教職経験が評価される現職教員で、隣接校種の免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第8)

目的別の受講資格

1. 不足科目修得希望者(根拠規定:免許法第5条別表第1)

<受験資格>

  • 大学または短期大学において、教職課程を履修しながら免許状取得に必要な科目・単位を残して卒業した方が対象となります。
  • 他大学・短期大学卒業者で教育実習の受講、介護等の体験を希望する方は、本科生3年次に編入学してください(ただし本学学部出身者は教職生として教育実習の受講、介護等の体験の受講も可)。
2. 他教科免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第4)

中学校または高等学校の教員免許状をすでに所有している方が、その免許状を基礎資格として、「中学校二種免許状(国語、社会)」「中学校一種免許状(国語、社会)」「高等学校一種免許状(国語、商業、地理歴史、公民)」を取得する場合 の方法です。

<受験資格>

  • 「中学校二種免許状」「中学校一種、専修免許状」「高等学校一種、専修免許状」をすでに所有していること。
3. 上級免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第3)

現職の教員で、現在所有している教員免許状による当該教科の担当実務年数を資格にして、上級免許状を取得する場合の方法です。

<受験資格>

  • 実務年数3年以上の現職教員を対象とします。
4. 実習教諭免許状(高等学校)取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第3)
現高等学校の実習助手が、在職年数と修得単位により、当該実習教科の高等学校一種免許状を修得する場合の方法です。
5. 隣接校種免許状取得希望者(根拠規定:免許法第6条別表第8)
3年の教職経験により良好な勤務成績を証明された現職の教員が、隣接校種の免許状を取得する場合の方法です。

履修期間と継続

  • 科目等履修生(教職生)の履修期間は1年間です。(前期生 4月1日〜3月31日/後期生 10月1日〜9月30日)
  • 前期生が受験できる最終の単位修得試験は1月、後期生は7月となります。
  • 1年経過しても単位の修得ができない場合は、継続履修ができます。
    継続には1年毎の手続き(継続料30,000円)が必要となります。
    継続の場合、再度科目履修料は必要ありません。
  • 所属学科のカリキュラム等の変更により、修得する科目・単位数が変動する場合があります。

年間履修単位

  • 1年間の履修単位数は通信学習とスクーリングあわせて49単位までです。
  • 教職生は通信学習で単位修得することが基本となります。教職関係の科目がすべてスクーリングで開講されるわけではありません。また、年度によって開講される科目が異なります。
  • 科目登録は入学時に必要な科目・単位数をすべて申し込むことも可能です。
    登録単位数の上限はありません。
  • 履修期間の途中に科目を追加登録することが可能です。
PAGE TOP
close