search

法政大学通信教育部

教育理念・方針

法学部

本学部では、日本最古の私立法律学校としての本学の伝統をふまえ、建学の精神たる「自由と進歩」の実現に向けて、リーガル・マインドや政治的分析・交渉能力のある人材を育成し、広く社会に貢献するため、法学・政治学の各分野で充実した教育内容を提供することを目的としており、通信教育課程においても、日本で最も早い通信教育課程の設置の伝統を引き継ぎ、通学課程と同一の教育目標を掲げている(通信教育部学則第1条)。

法律学科

法律学科では、法曹、法律研究者、公務員および教員、民間企業などさまざまな分野で活躍できる学生の輩出と同時に、現在、社会の様々な職に就業している学生のため、法律学の基本・応用の修得を目指す。そのため、基礎法学・実定法学の各分野での理論的・実践的な法学教育を通じて、法学知識によって市民社会に貢献できる、リーガル・マインドをもつ学生の教育に努めることとするのは、通学課程と同様である。 このため、真に学ぶ意欲と適性のある学生に対し、通学課程と同一水準の教育を施し、個々の学力向上を図ることはもちろん、広範な知的素養と思考力を身につけた社会に貢献しうる人材の育成を目標としている。

文学部

文学部通信教育課程では学部の理念・目的の下でそれぞれの学科が明確な教育目標を定めている。

日本文学科

日本文学科はその目的に基づいて、日本の文学・言語・芸能の歴史と現状を専門的に学び、国際化・情報化が進む21世紀社会において、自らの見解を自らの言葉で的確に発信できる人材を育成することを教育目標としている。より具体的に言えば、

  • 1.日本文学の作品世界のみならず、現代の様々な事象を繊細に感受できる豊かな感性
  • 2.その感性によって感受した様々な事象について、論理的に分析・考察する能力
  • 3.その分析・考察の結果を独自の世界や思想を構築することに結びつけられる創造性
  • 4.それら一連の成果を社会に向かって魅力的に発信していく表現力

以上のような資質・能力を備えた人材を育成することを目標とする。

史学科

史学科(通信教育課程)では具体的な史料に基づいて歴史学の方法論を習得することによって、「歴史を見る眼」を持った社会人を育成すると同時に、歴史学への学問的関心を深めることを目標としている。歴史学研究の根本は、史料を活用した史実の解釈ないし体系化にあるが、こうした方法による史実の理解には、史料を博捜しその価値を判断する能力や、史料活用方法に対する学習および実践的な訓練が不可欠の課題となる。これらを総合的に学習することによって、現代社会、さらには未来への展望をも含めた人類史を、「歴史を見る眼」から判断することのできる人材を育成する。また、史学科における学習と実践的訓練の積み重ねが、さらに高度な専門的・自立的研究を進めるための基盤となるようにする。

地理学科

上記の理念・目的をもとに、地理学の方法論を学ぶことによって地理学的視点から「地域の特性」を理解する能力を身につけ、対面する「具体的な問題」に対し、自ら率先して取り組み、解決する能力を持った人材を育成することが教育目標である。

経済学部

経済学科

本学部では、入学者の幅広い年齢層、多種多様な学問的関心、様々な入学動機などに応じるために、「本科生」、「教職生」、「選科生」といった複数の就学コースを設ける。さらに、春・秋・夏・冬期スクーリングをはじめ、地方・週末・メディアスクーリングなど、多彩なスクーリングを開講する。特に、メディアを利用した「メディアスクーリング」は、時間の制約が多い社会人学生にとって、メリットが大きい。これらの制度と教育環境の整備を通じて、真に学ぶ意欲と適性のある学生に対し、通学課程と同一水準の教育を施す。個々の学力向上を図ることはもちろん、広範な知的素養と思考力を身につけた、社会に貢献しうる人材を育成する。

商業学科

理念・目的をもとに、入学者の幅広い年齢層、多種多様な学問的関心、様々な入学動機などに応じるために、「本科生」、「教職生」、「選科生」といった複数の就学コースを設けるとともに、春・秋・夏・冬期スクーリングをはじめ、地方・週末・メディアスクーリングなど、多彩なスクーリングを開講している。特に、メディアを利用した「メディアスクーリング」は、時間の制約が多い社会人学生にとって、大きなメリットとなっている。 これらの制度と教育環境の整備を通じて、真に学ぶ意欲と適性のある学生に対し、通学課程と同一水準の教育を施し、個々の学力向上を図ることはもちろん、広範な知的素養と思考力を身につけた社会に貢献しうる人材の育成を目標としている。
また、通信教育部学則第1条では、通学課程と同様の教育目標を掲げている。

PAGE TOP
close