search

法政大学通信教育部

通学課程への転籍

通信教育部で所定の単位を修得すれば、通学課程の2年次または3年次への転籍試験の受験資格を得ることができます。転籍試験の受験資格は以下のとおりです。転籍を募集していない学部学科があります。詳細は「転籍・転部・転科試験要項」のリンク先でご確認ください。

転籍試験の受験資格

2年次転籍の場合

本学の通信教育課程の1年次生(当該年度後期入学生を除く)および2年次生以上で、教職・資格科目を除いて30単位以上修得(見込み含む)していること。

3年次転籍の場合

本学の通信教育課程の2年次生(当該年度1年次後期入学生および当該年度2年次後期編入学生を除く)および3年次生以上で、教職・資格科目を除いて60単位以上修得(見込み含む)していること。

転籍試験について

実施期間

試験要項のWebサイト更新は7月中旬、出願は11月上旬、転籍試験は12月上旬に行われます。

試験科目

試験科目および面接の有無は志願先の学部・学科によって異なります。
詳細は「転籍・転部・転科試験要項」のリンク先でご確認ください。

転籍後の単位認定

転籍した場合は、通学課程のカリキュラムに合わせて、通信教育課程で修得した単位が認定されます。

転籍試験の実績

転籍試験は、通学課程の入学試験と同等の難易度です。通信教育部在学中に、十分な学習を積み重ねてください。

入学年度 志願者数 合格者数 合格学部学科名称および合格者内訳
2011 7 1 経済学部現代ビジネス学科1名
2012 5 0  
2013 6 0  
2014 5 1 文学部史学科1名
2015 5 0  
2016 6 2 法学部法律学科1名/法学部政治学科1名
2017 13 1 文学部史学科1名
PAGE TOP
close