search

法政大学通信教育部

スクーリング登録までの流れ

1. スクーリングの種類

↓

スクーリングとは

スクーリングは(教室授業ともいう)、教員から直接指導を受け、独習ではどうしても不足しがちな正しい学習の方法や姿勢を学び取るのが目的です。また、それとともに、全国各地の学友とキャンパスライフを共有し、交友関係を広げることで、学習意欲が一層向上することも大きなメリットといえるでしょう。さらに、実際にキャンパスで学ぶことで、本学の学風に接する機会となることも意義の一つといえます。

卒業までに30単位以上

卒業に必要な124単位(法学部生で卒業論文を履修しない場合は128単位)のうち、30単位以上をスクーリングで単位を修得するよう、大学通信教育設置基準で定められています。したがって、卒業するためには、大学が開講するスクーリングを受講し、30単位以上を修得する必要があります。ただし、2年次編入学者は7単位、3年次編入学者は15単位を限度にスクーリング単位が認定されますので、不足単位を修得します。なお、本学本科生在学中に放送大学の科目履修生・選科履修生で修得した単位の一部を、最高10単位まで認定しております。また、年間で受講登録できるスクーリング単位は、最高49単位までです。各種スクーリングの日程は、毎月発行の『法政通信』に随時掲載されます。

スクーリングの種類

2. 受講スケジュールの立案

↓

年度末に、翌年度のスクーリング開講予定が『法政通信』に掲載されます。
また、スクーリング開講2~3ヶ月前の『法政通信』にもスクーリングの詳細が掲載されますので、受講計画を立てましょう。
卒業に必要なスクーリング単位30単位を4年間で修得する場合、1年間で8単位程度履修すればよいことになります。
したがって、入学後あわてて受講する必要はありません。
通信教育のシステムを十分把握した後、受講計画を立てるのがベストでしょう。
なお、入学手続き時期によっては、入学年度の受講ができないスクーリングもありますので、ご注意ください。

3. 受講科目の決定

↓

『法政通信』の各スクーリング特集号に時間割・講義概要が掲載されますので、よく読んで受講科目を決めます。なお、夏期スクーリングは5、6月号、冬期スクーリングは10、11月号が特集号です。

4. 予備登録

↓

英語や演習科目など予備登録が必要な科目もあります。
これらの科目は予備登録を行い、受講許可を得てから本登録をすることになります。
予備登録が必要な科目や手続方法などは、『法政通信』(夏期スクーリングは5、6月号、冬期スクーリングは10、11月号)で確認し手続きをしてください。

上記は夏期および冬期スクーリングの例ですが、その他のスクーリングにも予備登録が必要な科目があります。随時『法政通信』などで確認してください。

Web学習サービスから登録可能です。

「英語」予備登録記入例

「英語」予備登録記入例

5. 受講科目届の記入

↓

『法政通信』の巻末に添付されている履修科目登録票に、受講科目などの必要事項を記入してください。
『法政通信』綴じ込みの「夏期(または冬期)スクーリング履修科目登録票」に全てボールペンで記入してください。その他、『法政通信』の注意事項をよく読み、登録科目を記入する場所、科目名の最後につくA、Bの違いなどに注意してください。

Web学習サービスから登録可能です。

夏期スクーリング履修科目登録票の記入例

夏期スクーリング履修科目登録票の記入例

6. 受講料の納入

↓

記入済みの履修科目登録票は振込用紙にもなっていますので、銀行窓口で受講料を納入し、出納印を押印してもらってください(ただし、夏期および冬期スクーリングの場合。その他のスクーリングは振込用紙を郵送します)。受講料は春期・夏期・秋期・冬期・週末・ゴールデンウィークの各スクーリングは1科目15,000円、地方・メディアの各スクーリングは1科目20,000円です。

7. 受講科目届の提出

↓

履修科目登録票は締切日までに提出してください。
郵送の場合には配達記録や簡易書留で送ることをおすすめします。

8. 登録手続きの完了

登録後、大学から受講許可通知(登録しても受講できない方には受講不許可通知)をお送りします。
教材購入や予習などの受講準備を進めてください。

※登録結果はWeb学習サービスから確認可能です。

PAGE TOP
close