search

法政大学通信教育部

通信教育部 5つの特徴

選べる多彩なスクーリング制度

社会人受講生に配慮した多彩なスクーリング。
日本全国、いろいろな形で受講できます。

スクーリングとは「教室授業」のことで、教員が直接授業を行い、最終時限に実施される科目試験に合格することで単位が修得できます。
講義形式のため、理解度が早くその場での質問、疑問解消ができ、深く学習できるのも特徴。
日頃なかなか会うことができない仲間や、教員と交流できる場でもあるため、より楽しく学習が進められます。
本学通信教育部では、国内外を含め様々な学生が学んでいますので、どこにいてもスクーリングを受けられるように、多彩な形態・場所で開講しています。
ライフスタイルや学習ペースに応じて無理なく受講することができます。

2021年度は、新型コロナウイルス完成拡大防止に鑑み、スクーリングの編成および日程・開講方法を一部変更しています。

PAGE TOP
close