search

法政大学通信教育部

入学をご検討の方へ 法政大学通信教育学部へようこそ 入学をご検討の方へ 法政大学通信教育学部へようこそ

通信教育部入学のご検討をはじめられて、「何から調べたらいいんだろう?」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
このページでは、そもそも「大学の通信課程」ってどういうもの?という方から、仕組みはわかったけれど実際のところ私にも続けられるの?という方まで、法政大学通信教育部を様々な切り口でご説明し、疑問や不安の解消につながるようご案内します。

まずは“ざっくり”知りたい

誰でも、どこにいても、学び続けられるようにデザインされた学習システム

法政大学通信教育部は1947年の設立当初から「誰でも、どこにいても、学び続けられること」を目指して学習制度を設計し、現在までブラシュアップし続け、大学で学びたいと思う多くの方に選ばれ続けています。

一般的な通学制の大学と何が違うの?

忙しい方、通学が難しい方も学び続けられるように、学習制度や環境にさまざまな工夫が凝らされています。

icon学習方法が選べる

テキストさえあればいつでも学習できる「通信学習」、社会人受講生にも配慮した多彩な「スクーリング(教室授業)」、期間中は繰り返し授業を受けられる「メディアスクーリング(インターネット授業)」の3つの方法から選んで学習できます。

詳細を見る

icon地方の方でも安心

単位修得試験は全国約20都市、スクーリングも地方の主要5都市で開催。インターネット環境さえあればどこでも学べるメディアスクーリングも充実させ、地方にいながら学ぶことができるよう制度を工夫しています。

詳細を見る

icon忙しい方に配慮したスクーリング

スクーリングは平日の夜間や週末・祝日にも多く開催し、多忙な社会人学生の方も参加しやすい日程を組んでいます。それぞれの生活環境、学習ペースに合わせて受講できるよう、多彩な形態・場所でスクーリングを開講しています。

詳細を見る

iconメディアスクーリングが充実

「いつでもどこでも学べる」を実現するために欠かせないメディアスクーリングには特に力を入れて科目を増やしており、2018年現在、77科目を開設。すべての学科の専門科目でメディアスクーリングを開講しています。

詳細を見る

icon学費が安い

年間の教育費は8万円!例えば1年次入学の場合、最も費用を抑えた学習プランなら4年間総額60万円で卒業が可能です。「望むもの誰もが学べるように」という設立の精神を受け継ぎ、一般的な通学制の大学に比べ大幅に学費を抑えています。

詳細を見る

icon幅広い学生層

社会人を中心に全国各地から様々な世代の学生が集い、学んでいます。スクーリングでは、普段の生活で出会うことのない異なるバックグラウンドの学生が集まり、多様な視点で意見を交換し合う得難い経験をすることができます。

詳細を見る

他の通信制大学と何が違うの?

通信制の利便性はそのままに、通学課程と同じキャンパスであることを活かして充実した学びの質・環境を提供しています。

icon確かな学びの質

日本で最初に開設された大学通信教育課程として、歴史と伝統に基づいた質の高い学びを提供しています。また、通学課程と共通の教員が授業を担当し、テキストも同等のものを使用するので、確かな学びが可能です。

詳細を見る

iconアクセス便利なキャンパス

東京の中心に位置しているキャンパスは、スクーリングも通いやすく便利です。東京駅や羽田空港など交通の拠点からのアクセスも容易です。

詳細を見る

icon通学生と同様に使える施設・設備

所蔵数計175万冊を誇り、土・日・祝日も開館している図書館をはじめ、グループ学習スペースやAVライブラリー、学内店舗、食堂などを通信教育部生も通学生と同様に利用していただけます。

詳細を見る

iconサポート体制

インターネット上で履修状況や成績の確認、各種申し込みができる在学生向けのポータルサイトをご用意。また、初学者向けに学習の仕組みや進め方をステップアップ形式で説明する学習ガイダンスなど、充実のサポート体制があります。

詳細を見る

icon特色のある取得可能資格

「教員免許状(中学・高校)」「社会教育主事」「図書館司書」「図書館司書教諭」といった様々な資格を取得、または受験資格を得ることができます。なかでも、「測量士補」の申請資格を得られるのは、通信教育課程では本学のみ!

詳細を見る

icon法政ネットワーク

卒業後は法政大学校友会へ入会可能。通信教育部生か通学生かなどの区別はなく、全国各地に地域支部を持ち積極的な活動を行っています。世代・性別・出身地などの違いを超え、幅広い人脈・ネットワークを築くことができます。

詳細を見る

こちらもご覧ください

 PAGE TOP

興味のある項目から知りたい

大学の通信課程は、通学課程に比べて学習の手段が「通信学習」「スクーリング」と複数存在すること、在学生の年齢構成や学びの目的も多岐にわたっていることが特徴です。
ここでは、「学ぶ内容」「学びの目的」「学びのスタイル」に合わせて、在学生・卒業生のインタビューをまとめたコーナー「法政LIFE!」を中心に、サイト内コンテンツをご紹介しています。

学ぶ内容から選ぶ

法政大学通信教育部は、3学部6学科から成る課程で、それぞれのカリキュラムに沿って科目を開講しています。
各学部の特徴や科目はそれぞれの紹介ページをご覧ください。
また、各学科教員からのメッセージも掲載しています。

 PAGE TOP

学びの目的から選ぶ

法政大学通信教育部には、本科生・科目等履修生合わせて約5,500名の学生が学んでいます。ここでは、在学生・卒業生のインタビューページ「法政 LIFE!」の掲載内容と関連ページを、目的別にご紹介します。ぜひご覧ください。

  • 大学卒業資格(学位)を得たい!

    例年、約半数近くの方が大学卒業資格(学位)取得を目的として入学されています。卒業することで得られる学士資格は、通信課程・通学課程ともに同一の内容です。

    佐藤 邑樹さん

    コチラもCheck!

  • 学んだ知識を仕事に活かしたい
    キャリアアップしたい

    法政大学では「自由を生き抜く実践知」を社会への約束に掲げ、仕事などの実践の場に活きる知識・知性を学問の場で提供しています。

    平手 晴和さん

    コチラもCheck!

  • 学ぶことを楽しみたい
    教養を身につけたい

    もちろん、好きな分野の知識をより深めたい、と学ぶことそのものを楽しんでいる学生も多く在学しています。

    臼井 範和さん

    コチラもCheck!

  • 教員免許状をとりたい

    教職関係科目を履修する際には、

    • 本科生(大学卒業資格「学士」の学位を得るコース)
    • 科目等履修生 教職生(教員免許状取得に必要な単位の修得を目指すコース)

    これらのいずれかに所属して学ぶことになります。
    希望する内容・ご本人の条件によって、どちらに所属する必要があるかが異なります。

    青地 俊幸さん

    コチラもCheck!

もう一度勉強したい・勉強を再開したい

  • 復籍・再入学
    法政大学通信教育部を、卒業前に離籍した方
    「復籍」「再入学」で、以前の学籍・修得単位数から学習を再開できます。

    ※2013年度以前に修得した単位は、カリキュラム変更に伴い扱いが異なる場合があります。

    多田 幸江さん

    コチラもCheck!

  • 編入学
    法政大学や他大学を卒業、あるいは離籍や編入学された方学習状況により、2〜4年次への編入が可能です。

    プライア 美緒さん

    コチラもCheck!

 PAGE TOP

学びのスタイルから選ぶ

  • 働いているので
    休日や夜間を有効に使いたい!

    通信制大学の中でも、特に夜間や休日のスクーリング、メディアスクーリングを多く開設している法政大学通信教育部は、仕事をしている皆さんにもより学びやすい環境を整えています。

    菅原 貴矢さん

    コチラもCheck!

  • 通学圏以外の
    地域(地方/海外)から学びたい!

    通信制大学は、何よりも距離・時間の制約が少ないのが魅力。本学も、国内や海外の各地で多くの方が学ばれています。

    安原 正子さん

    コチラもCheck!

  • できるだけ学費を抑えたい!

    法政大学通信教育部の年間教育費は8万円。この中に、通信学習で行う年8回の単位修得試験を受験するための費用も含まれています。スクーリングは所定の 単位数を修得する必要がありますが、通信学習による単位修得の割合を増やすことで、学費を低く抑えて学習することが可能です。

    宮嶋 有華さん

    コチラもCheck!

  • スクーリングを中心に学びたい!

    教員と対面して学ぶこと、学友との交流のために、スクーリングによる学習の割合を多くすることも可能です。スクーリングでは、授業の前後に教員へ直接質問することも、学習方法について学生同士で情報交換することも可能です。

    塩見 哲史さん

    コチラもCheck!

 PAGE TOP

特集そこが知りたい!法政大学通信教育

ここでは「特集」として、お問い合わせの多い内容や気になるトピックスをご紹介してまいります。

特集

卒業までの学費は、いくらかかる?

特長 卒業までの学費は、いくらかかる?

入学時・入学後に必要な学費については、Webサイト内でもご紹介しているほか、「かんたん学費 シミュレーション」でも目安をご確認いただけますが、ここでは、「法政LIFE!」でご紹介している卒業生の履修モデルを参考に在学中の学費総額をご紹介します。高橋さんは仕事をされながら商業学科を4年でご卒業されました。首都圏在住であることを活かして、修得単位のほとんどを東京スクーリング地方スクーリング、メディアスクーリングで修得されています。スクーリングは科目ごとに受講料が必要ですが、学習の比重をスクーリングに置いても、通学課程経済学部の約1.5年分の費用で卒業することが可能となっています。

商業学科高橋さんの場合

高橋さんは1年次入学から4年間で卒業。
首都圏在住のため、春期・ 秋期スクーリングのほか、商業学科に多く開設されているメディアスクーリングも活用し、卒業されました。

履修単位の構成比

この履修モデルで学習した場合の年間学習費用

合計1,435,000円

  • 選考料および入学金(1年次入学の場合) 40,000円
  • 教育費(4年間在籍の場合) 320,000円
  • スクーリング受講料 715,000円
  • スクーリング受講料 360,000円
  • スクーリング受講料は合格状況によって異なるため、あくまで目安です。
  • 交通費、指定市販本などの教材費は含んでいません。

学費について

コチラもCheck!

かんたん学費シミュレーション かんたん学費シミュレーション

 PAGE TOP

PAGE TOP
close