search

法政大学通信教育部

学費サポート制度

奨学金制度(2017年度概要)

法政大学通信教育部には「法政大学通信教育部奨学金」「法政大学通信教育部村山務奨学金」の2つの奨学金制度があります。応募の手続き詳細は、法政通信5・6月号を参照してください。

上記のほか、日本学生支援機構の奨学金制度もあります。

法政大学通信教育部奨学金

通信教育部創設50周年を記念して設立された奨学金です。
本学の通信教育部生(本科生)に対し、教育の機会均等と有為の人材の育成に資することを目的とし、学業成績が優れているにもかかわらず経済的援助が必要な本科生を対象にしています。

募集要項

通信教育部奨学金は、昨今の厳しい経済状況の中、少しでも皆さんの学習の役に立てるように、2011年度よりスクーリング受講を対象とした奨学金としてリニューアルしました。本学通信教育部に在籍している全国の本科生が対象です。ぜひご応募ください。

1 給付金額

スクーリング受講料実費相当額(ただし、上限60,000円)(返還不要)

2 採用予定人数

年間10名程度

3 応募資格

学業成績が特に優れ、教育上経済的援助が必要と認められる者で応募条件を満たす者

  1. 当該年度のいずれかのスクーリングを受講しているまたは受講予定であること。
  2. 本科生で、当該年度4月1日現在で1年以上在籍している2年生から4年生で、本年度の学費を全納していること。
  3. 分納者は分納期日までに納入してください。

  4. 前年度4月1日~3月31日の1年間の修得単位数合計が20単位以上であること。(ただし編入による認定単位は除く)。
  5. 通信・スクーリングの別は問いません。

4 その他
  1. (1)各学年(2~4年・4年再学)ごとに応募でき、在学中に4回まで受給できます。
  2. (2)スクーリング受講とは、スクーリング最終日の試験を受験していることが必要です。
  3. (3)通信教育部村山務奨学金および日本学生支援機構の奨学金と併願はできますが併給はできません。
  4. (4)休学者は応募することはできません。
PAGE TOP
close