search

法政大学通信教育部

経済学部 経済学科

学びを何倍も深く楽しく変える「教員アドバイス」

経済学部 経済学科 濱秋 純哉 准教授

基礎からの積み上げ型学習で経済学を学ぼう

経済学部 経済学科  経済政策論専攻
濱秋 純哉 准教授

  経済学の目的は何か。これは、経済学を学んだことのない人にとっては難しい質問かもしれません。多くの経済学者は経済学の目的を問われたら、「社会をよくすること」と答えるに違いありません。実際、日本でも近年、政策立案に際して経済学に基づくデータ分析の重要性が認識されるようになっており、経済学が政策を通じて社会に大きな影響を与える可能性が高まっています。同時に、経済学は身の回りの問題を解決する上でも役立つ知見を与えてくれます。たとえば、ミクロ経済学は人々や企業の意思決定を分析しますので、自分と他人の意思決定のメカニズムを深く理解することで、人間関係を円滑にできる可能性があります。

  このように経済学は大変有用ですが、数式を用いたり、独特の言葉遣いをしたりするため、最初は戸惑うことがあるかもしれません。しかし、基礎の習得をおろそかにするとそれを応用した分析はできません。スポーツも最初は基礎練習の反復や体力作りから始まりますが、それがなければ試合での活躍が望めないのと同じです。はじめは難しいと感じても、グッとこらえて経済学に食らいついてみてください。そのうちに、経済学の面白さ、奥深さに気付く日が来るはずです。

PAGE TOP
close