search

法政大学通信教育部

経済学部 経済学科

学びを何倍も深く楽しく変える「教員アドバイス」

開発経済学専攻 池上 宗信 教授

経済学の知識の蓄積に貢献しよう

経済学部 経済学科 開発経済学専攻
池上 宗信 教授

  経済学は、個人や企業がどのように意志決定をしているのか、その結果として、どのような経済現象・問題がどのように起きるのか、どのような対策が有効なのか、などについて研究する学問です。経済学が研究対象とする事象は、小さなところでは、家庭内における個人の意志決定から、大きなところでは、国際社会における国の意志決定まで多岐にわたり、他の社会科学との境界はあいまいです。一方、経済学の理論・手法は一貫していて、個人は知りうる情報の下で合理的な意志決定をするという仮定をもとに経済現象を捉える理論を構築し、その理論と現実のデータが整合的かどうかを検証します。

  社会におけるさまざまな事象のそれぞれについて、これまでの経済学研究ではどのように分析し、何がすでにわかっていて、何がまだわかっていないのか、あなたは新たに何をどのように解き明かすことができるのでしょうか?経済学を学ぼうと考えているあなたには、あなたが最も興味ある経済現象・問題に関するさまざまな問のうち、まだ答えの出ていない問を見つけ出し、あなた自身で答えを解き明かし、さらなる知識の蓄積という形で、社会に貢献することを目標にしてほしいと思います。

PAGE TOP
close