search

法政大学通信教育部

経済学部 経済学科

学びを何倍も深く楽しく変える「教員アドバイス」

経済地理学、都市・地域経済学専攻 近藤章夫 教授

経済学をつうじて世の中の仕組みを学ぼう

経済地理学、都市・地域経済学専攻
近藤章夫 教授

  好むと好まざるとにかかわらず、現代では日々経済のニュースを耳にします。われわれの身近な暮らしからグローバルな世界情勢まで、経済とかかわらない事象はないといっていいでしょう。経済学はこうしたさまざまな経済事象を扱う学問です。社会生活を送るうえでわれわれには多くの選択肢がありますが、経済学は「選択の科学」ともいわれるように、消費者や生産者、家計や企業、政府がどのように選択をするとより社会的に望ましい状態になるのかについて、科学的な知見をたくさん有しています。こうした知見を学ぶことによって、多くの社会問題に対して望ましい選択が何かについて考えることができますし、ひいては世の中の仕組みをより深く理解できるようになります。

  経済学を学ぶのは山を登ることに似ています。はじめはその頂の高さに戸惑うかもしれません。しかし、その頂に至る道は多くの経済学徒がたどった道でもあります。大切なのは関心や興味をもったテーマをより深く理解しようと意欲を持ち続けて、着実に一歩一歩登っていくことです。必ずしも平たんな道ではありませんし、ときには険しく感じることもあります。それでも登っていくことで見える景色が変わってきます。ぜひその景色を見て欲しいと思います。

PAGE TOP
close