search

法政大学通信教育部

文学部 地理学科

学びを何倍も深く楽しく変える「教員アドバイス」

水文学、陸水学、地域環境情報科学専攻 小寺 浩二 准教授

「地理学」で関心事項を探究する

都市地理学(政治・経済・社会・開発)専攻
小原 丈明 准教授

「地理学」と聞いて、皆さんはどのような学問を想像するでしょうか。中学校や高校で学んだ「地理」の科目を思い浮かべる人が多いかと思います。もちろん、「地理」の科目で学ぶ事柄も「地理学」の一端ではありますが、大学で学ぶ「地理学」とは、地球表面上で展開される自然環境と人間活動の諸現象について明らかにする学問です。「地理」が知識を得ることを主とするのに対し、「地理学」は知識を活用して地球表面上の諸現象のメカニズムを解明し、さまざまな問題の解決策を考えることが主となります。したがって、皆さんが興味・関心を持つ事柄も研究の対象となり得るということであり、実際に、卒業論文で取り組んでもらうことが可能ということです(ただし、学問として成立する必要がありますが)。

私が担当する「人文地理学(都市)」という科目では、都市に関するさまざまな事象を題材として、それら事象のメカニズムについて考えていきます。その学びを通じて、普段当たり前に思っている都市の諸事象について、別の見え方ができるようになります。

さまざまな事象について考察する地理学では、データなどの証拠(エビデンス)を基に論理したい人には、是非地理学科で学んでもらえればと思います。

PAGE TOP
close